基金拠出の返還される時期について教えてください

拠出金が返還される時期は、設立総会もしくは定款で定めた年数を経過してからとされています。但し、当純資産が拠出金の返還に対する要件を満たしていない場合は、当初規定した年数を経過しても、拠出金を返還することはできません。

解説
拠出金の返還は初めに時期の設定を行います。返還時期を経過した後に開催する定時社員総会の決議が得られることによって基金の返還を行うことになります。
下記の3項目を合計した額が貸借対照表の純資産額を超えるのであれば、次年度の会計決算の決定を行う定時社員総会の前日までの分を、貸借対照表と比較した超過分を限度に拠出金を返還することができるようになっています。
①基金の総額
②時価評価の資産に対して、時価の総額が取得価額を超えるときは、時価を基準として評価したことにより貸借対照表上の純資産額が増加したとき
③資本剰余金の価額

なお、拠出金の返還に利息をつけることはできません。

参考
設立総会議事録より抜粋

第4号議案 拠出申し込み及び設立時の財産目録承認の件
議長は発言し、本法人設立の資産に、拠出を受けたいという旨を述べたところ、設立者から拠出するという旨の申し込みがあった。

○○ 預金 9,800千円
   合計 9,800千円

議長は拠出について全員に発表したところ、一同はこれを確認し、承認した。拠出は基金拠出契約による。なお、○○は発言し、当該拠出金について以下のように述べた。
医療法人社団□□が設立認可後10年間経過したあと、拠出者に返還することを要求すること。医療法人が解散した場合、他の債務の弁済後に拠出金を返還しなければならないこと。
拠出金は利子を付して返還しないこと。
議長は発言し、本法人設立時の純資産額は金9,800千円として、財産目録は別紙のようになると示した。一同はこれを承認し、本案は可決された。

定款より抜粋
第3章 基金
第5条 本社団は、その財政的基盤の維持を図るために、基金を引き受ける者を募集することができる

第6条 本社団は、基金の拠出者に対して、本社団と基金の拠出者との間の合意に従い返還義務(金銭以外の財産については、当該財産の拠出時の価格に相当する金銭)を負う。

第7条 基金の返還は、定時社員総会の決議によって行わなければならない。

2 本社団は、ある会計年度にかかる貸借対照表上の純資産額が、以下の金額の合計額を超える場合において、当該会計年度の次の会計年度の決算の決定に関する定時社員総会の前日までの間に限り、当該超過額を返還総額の限度として基金を返還することができる。
(1)基金(代替基金も含む)
(2)資本剰余金
(3)資産について時価を基準に評価を行ったことで増加した貸借対照表上の純資産額

3 前項の規定に反して本社団が基金の返還を行った場合、当該返還に関する職務を行った業務執行者及び返還を受けた者は、本社団に対して、変換された額を連帯して弁済する義務を負う。

4 前項の規定に関わらず、業務執行者が職務を行う上で注意を怠らなかったことを証明したときは、同項の責任を負わない

5 第3項の業務執行者の責任は免除することができない。ただし、第2項の超過額を限度として当該責任を免除できることについて総社員の同意がある場合、この限りでない。

6 第2項の規定に反して基金の返還がされた場合、本社団の債権者は当該返還を受けた者に対して、当該返還額を本社団に返還することを請求できる。

第8条 基金の返還に係る債権には、利息を付することはできない
第9条 基金の返還をする場合、返還をする基金に相当する金額を代替基金として計上しなければならない
2 前項の代替基金は取り崩すことができない。